カエル革の真相を解明!

はいどうも、レザークラフトかぼちゃへっずですこんばんわ

前回書いた、「カエルの革の不思議」のその後のお話です
とはいっても、”あの”謎の背中がゴツゴツのカエル革ではなく、一般的に流通してる方のいわゆる”ブルフロッグ”と呼ばれるアレの話です
あっしはもともと子供の頃からカエルが好きで好きで仕方なくて良く捕まえちゃ家に持って帰って来て遊んで野に放ったり、いつだったかは金色とクリーム色の珍しいおたまじゃくしを持って帰って来てその色のカエルにしたりなどなど、そんな事を繰り返してました
その後、大人になってもそれは変わらず20歳くらいからは家にずっと何かしらの種類のカエルが一緒に生活してるようなもので、今も玄関先にはアホみたいな顔したカエルがおとなしく飼われてます

という事で、カエルに関しての本やら図鑑やらはたくさん持ってるから見間違えるはずがない!
そう思って調べたんですよ、やっぱり
どうしても腑に落ちないというか、納得できないブルフロッグって言うインボイスネームに対してそんな適当でいいのか!(笑
これ種によっては(カエルではそんな事はないけども)ワシントン条約なんたらかんたらで~とかになり得る事でもあるんじゃないかと
いや、なり得ないから適当な名前で売ってるのか、そうかそうか

って納得しちゃいかん!
と勝手に一人で憤慨して販売業者もちゃんとした知識を持った状態で売って欲しいと思うのは正直いくつかあんですよね
ぶっちゃけ、食べ物にしてもなんでもそうだけど

ってことで調べたところ
あのブルフロッグと呼ばれる一般的なカエル革に関してはどうやらただのヒキガエルで、オオヒキガエルの革みたいです
なんでも現地だと大量発生して困ってるらしく、駆除するのが大変だとか見かけたらゴルフクラブでぶっ飛ばしてるとか、何としても殺される役だそうで駆除も兼ねて革が作られると
うむ、どこかは言わないけど業者さんがこの革を「食べた後の食用ガエルの革なんですよ!」なんて大々的に言ってたけど
ヒキガエルは食べないわな、と思いました

あと、ヒキガエルってのがわかってやっぱりそうだーと勝手に自己完結しておりますが
どうやらこれ、レギュラーで入ってくる素材ではないらしくその都度発注があった時点でどっかの国の業者さんが仕入れて日本に輸入されてくるっぽい感じなので、あるときに買っておかないとなくなってしまうんだとか
まぁ普通の人はカエル革なんて好んで使うものでもないから特に問題ないとは思いますが
かぼちゃへっずでも特に何かに使おうと思ってるわけでもないので、問題ないですが(笑

さて・・・あの背中ゴツゴツの謎のカエル革を何に使おうかしばらく悩んでみます

■オーダーメイド・カスタム制作

1からのオーダーメイド制作や、ハンドメイドマーケットなどに出品中の既存アイテムのカスタム制作が可能です。
下記ページにまとめてありますので、お気軽にご相談下さい。

オーダー制作ページヘ

■イベント出展情報

たまにイベントにも出展しています。
イベント出展スケジュールは下記をご参照下さい。

イベント情報ページヘ

■お問い合わせに関して

使える色や素材・質問などはお気軽にお問い合わせください。
ヘビ、ワニ、オーストリッチを始めエキゾチックレザーなども多くあります。

お問い合わせはこちら

各種アカウント

Facebookページ
https://www.facebook.com/kabochaheads/
Twitter
https://twitter.com/kabocha_heads
instagram
kabocha_heads

よかったら押してってください~
$かぼちゃへっずのブログ-ブログ村バナー $かぼちゃへっずのブログ-人気ブログランキングバナー
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...Loading...

カテゴリー:コラム

2014/04/27

コメントをどうぞ

検索
オーダーメイド・カスタム

1からのオーダーメイド制作・既存アイテムのカスタム制作は概要をまとめてありますので、ご参照の上ご相談下さい。

イベント出展情報

参加・出展予定イベントの情報です。 随時更新してます!

出品・委託情報

ハンドメイドサイトへの出品情報や、店舗の委託・展示などの情報です。

人気記事
カテゴリー一覧

コラム

レザークラフト虎の巻

道具 []

素材 []

消しゴムはんこ

その他

アーカイブ