レザークラフトに最低限必要な道具

こんばんわ、レザークラフトかぼちゃへっずです。
ちょこちょこ検索ワードを見ていると入ってるワードの一つとして、レザークラフトに最低限必要な道具は何か?って言うのを調べてくる人が結構多いみたいなんでちょっとまとめてみましょう

というのも、レザークラフトをするにあたって、興味はあるけれどいまいち踏み切れない原因の一つに専用の道具だったり、それ相応の道具を手に入れるために結構な初期投資が必要ってのもあります
実際、うちでも始める時には何が必要かわからんていうのもあったので、革屋さん(の2階の道具屋)でレザークラフトの本を見ながら必要な道具を店員さんと相談しながら集めたのを覚えてますが・・・
基本代用できるものももちろんあるので、完全にそれ専用のものを使わなければ作れないなんて事は有りません
もちろん、それ専用のものは専用として特化してるので作りやすかったり、効率化がされているものですが値段が結構高いですし
たまに「高級な道具を使ってない作品は作品に値しない」みたいなことを言ってる人がいますが、そんな事はありません(笑
高い道具を使ったからいい物が出来るかというとそうでもなく、出来上がるものはひとつなので

という事で何が必要かってところですが
確実に最低限これだけは持ってた方が便利というのをまとめました
・カッター(大きめの)
・カッターマット
・木工用ボンド
・紙やすり400番と800番の二枚くらい
・つまようじ
・着古したTシャツの切れはし
この辺に関してはぶっちゃけ100均で揃えようと思えば全然揃うものです

それ以外には、革を加工するために必要なものとして
・床面処理剤(トコノール、トコフィニッシュ、ふのりなど)
・菱目打ち(ステッチングルレットで代用可)
・菱ギリ
・革針
・縫い糸
このあたりはどうしても必要になってくるので、レザークラフト用品が売ってるお店やネットの通販なんかで揃えておく必要があります

と、考えると
革そのものに塗る床面処理剤、等間隔に穴を空けるための菱目打ち(菱ギリ)、革針、糸は確実に揃えておくのでそれなりの値段はしてしまいますが、それ以外は100均で十分なんじゃないかなーと思います
もちろん本格的に作るってなったら、順次揃えて行けばいいだけの事なので最初はそんな程度で気軽に始められるんじゃないかなと思います

革専用の道具として挙げたものとしても、全部買ってもそんなに高いわけではないので
それに加え、ハギレの革を数百円なんかで購入して試しに何かを作ってみる事から始めるのがいいんじゃないかと思うんですよね
何事もきっかけが大事なので、せっかく興味があっても敷居が高い!ってなるよりは、実は身近なところで100均で軽く揃うものが多いのでチャレンジしてみるのも一つのチャンスかなーと思います

ちなみにカッターではなく革包丁を本気で買おうとすると1本で何千円もするのでオルファの別たちで代用すると比較的安く済みます

■オーダーメイド・カスタム制作

1からのオーダーメイド制作や、ハンドメイドマーケットなどに出品中の既存アイテムのカスタム制作が可能です。
下記ページにまとめてありますので、お気軽にご相談下さい。

オーダー制作ページヘ

■イベント出展情報

たまにイベントにも出展しています。
イベント出展スケジュールは下記をご参照下さい。

イベント情報ページヘ

■お問い合わせに関して

使える色や素材・質問などはお気軽にお問い合わせください。
ヘビ、ワニ、オーストリッチを始めエキゾチックレザーなども多くあります。

お問い合わせはこちら

各種アカウント

Facebookページ
https://www.facebook.com/kabochaheads/
Twitter
https://twitter.com/kabocha_heads
instagram
kabocha_heads

よかったら押してってください~
$かぼちゃへっずのブログ-ブログ村バナー $かぼちゃへっずのブログ-人気ブログランキングバナー
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...Loading...

カテゴリー:コラム

2014/10/19

コメントをどうぞ

検索
オーダーメイド・カスタム

1からのオーダーメイド制作・既存アイテムのカスタム制作は概要をまとめてありますので、ご参照の上ご相談下さい。

イベント出展情報

参加・出展予定イベントの情報です。 随時更新してます!

出品・委託情報

ハンドメイドサイトへの出品情報や、店舗の委託・展示などの情報です。

人気記事
カテゴリー一覧

コラム

レザークラフト虎の巻

道具 []

素材 []

消しゴムはんこ

その他

アーカイブ