他機種対応のスマートフォンケース制作 完結編

こんにちは、レザークラフトかぼちゃへっずです

気温の変化が著しくて屋外と屋内でも違う上に、前日との温度差が15度くらい開いちゃったり日中と夜の温度差が10度以上あったりと
昔ではあまり考えられないような気温の中、寒暖差で鼻水がズビズバっと出てます
怪傑ズビズバット参上です

さてさて、続きものです
前回のはこちら「他機種対応のスマートフォンケース制作 その3

表面の素材を使う場合はそれの下処理をしてから、土台(裏貼り)を接着して更にそれの処理なんかを経て
スマホケース13
縫い線ガイドになぞって菱目を軽くチョンチョンと打っておいたところを一度全部菱ギリでぶっ刺し祭開始です
めんどくさい場合は菱目打ちで貫通しちゃっても表パーツと裏パーツ別れてる場合は問題無いかもしれません
が、裏パーツ接着後だと厚みがでて穴が広がって糸スッカスカになったりします
シニューを裂かずに使うとかビニモの00番とかの場合はうまくフィットするかもしれませんが
なのでこれは接着前にガイドをつけておいたものを接着後にキリで一つずつ穴を開けるって言う工程です
言ったら二度手間になる場所であり、1つ1つ手で刺すという時間のかかる作業なんですがこの工程は大事なのです
続けると握る力が疲れて来てまっすぐ打てなくなったり、握力が消えたりと見た目のシンプルさに対してやってみると難しいんです
ただ穴開けるだけでしょ?と思うけど、垂直に打つってのが結構な慣れが必要です

スマホケース12
ここまでくればほぼ完成です
通常の牛革商品と違ってこれは先にコバ処理しちゃってるので縫い終わりがゴール地点です
なんでかって、ボタンのフラップ部分とか内装の土台とかが2層になってるんで縫い合わせ後にコバ処理すると表面のコバは黒、内装はナチュラルって感じで分けてコバを染め分けるのが結構難しいんですよね
先に塗っておいて後でぴったしにして磨きをなしにするなら可能ですが難しいので先に処理した2枚を貼り合わせてあえて2層にする感じで作ってます
ちなみにボタンフラップが本体に縫い込んであるので必然的にこの部分のコバが外側黒、内側ナチュラルになるのでそれに合わせての2層です
これが本体外側に縫い付けるタイプなら縫製後に全部黒にしちゃえば楽なんですけどねー

■オーダーメイド・カスタム制作

1からのオーダーメイド制作や、ハンドメイドマーケットなどに出品中の既存アイテムのカスタム制作が可能です。
下記ページにまとめてありますので、お気軽にご相談下さい。

オーダー制作ページヘ

■イベント出展情報

たまにイベントにも出展しています。
イベント出展スケジュールは下記をご参照下さい。

イベント情報ページヘ

■お問い合わせに関して

使える色や素材・質問などはお気軽にお問い合わせください。
ヘビ、ワニ、オーストリッチを始めエキゾチックレザーなども多くあります。

お問い合わせはこちら

各種アカウント

Facebookページ
https://www.facebook.com/kabochaheads/
Twitter
https://twitter.com/kabocha_heads
instagram
kabocha_heads

よかったら押してってください~
$かぼちゃへっずのブログ-ブログ村バナー $かぼちゃへっずのブログ-人気ブログランキングバナー
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...Loading...
2017/05/13

コメントをどうぞ

検索
オーダーメイド・カスタム

1からのオーダーメイド制作・既存アイテムのカスタム制作は概要をまとめてありますので、ご参照の上ご相談下さい。

イベント出展情報

参加・出展予定イベントの情報です。 随時更新してます!

出品・委託情報

ハンドメイドサイトへの出品情報や、店舗の委託・展示などの情報です。

人気記事
カテゴリー一覧

コラム

レザークラフト虎の巻

道具 []

素材 []

消しゴムはんこ

その他

アーカイブ