ミニチュアサイズのサイドゴアブーツのオーダー制作 その2

こんばんわ、レザークラフトかぼちゃへっずです

朝方すんげー恐ろしいほどの夕立?通り雨が来て4時48分とかに目が覚めた挙句その後ねれないモード突入になってしまったかぼへさんですカンバンワ
もともと子どもの頃から睡眠時間は短くて平均して3時間半程度だったりするんですがなんでしょうね、一度起きると寝れないのが難点ですね

さてさて、前回『ミニチュアサイズのサイドゴアブーツのオーダー制作 その1』を書いてますが、その続きです
いわゆる前に作ってたタイプの外縫いのミニチュアのブーツではなく、完全に靴と同様の作り方じゃないと出来ない、いわゆる吊り込みタイプのミニチュアの靴のオーダーのお話

前回は、足型としてスーパースカルピーを使ってミニチュアサイズの足の模型を作る所まででした
あの足型をオーブンで焼成してからナイフとかヤスリで形を整えて、更にたりない部分を盛って焼いてを2-3回くらい繰り返して納得のいく足にします
が、ここで問題が
どこ探しても足型完成の画像がない・・・
多分撮り忘れてしまったのだと思われます残念

オーダーブーツ6

足型が完成したら、足型を全部覆う形になるようにマスキングテープ(業務用の無地のやつ)を貼り付けます
多分マスキングじゃなくても、布テープなんかでも問題ないかと思います
そこに、モデルの写真を元に大まかな線を引いていって、靴になった最終的な形をイメージします

オーダーブーツ7

で、そこから先に沿って切り出します
切り出したら今度は、必要な部分(革として使う部分)を伸ばして厚紙に貼っつけます
この時に外側にカーブが大きくて歪む部分は切込み入れておくなりして、平面になるようにします
逆に内側に歪む部分は、伸ばして対応するしかないのでこの場合は平面に均します

オーダーブーツ8

上で作ったやつはあくまで平面のもので、パーツ数も最小(重なる部分は無視してる)のため、更にパーツを細分化して重なる部分などを作って全体的なパーツ数をここで決めます
んで、パーツ数決まったら一回サンプル作りをしてみます
これはまだ組み立て前のパーツのサンプルなので、床革で大まかなイメージを作っていきます
バランス見ておかしいところを修正します(平面的な部分で)

オーダーブーツ9

そして平面図での修正何かが終わったら今度は、実際に使うものに近い革で組み立てサンプルを作ります
これは豚革のハギレ使って作ってます
豚吟だと結構擦り傷とか多くて、その部分をサンプル用に残してあるので組み立ててみます
ソールの部分だけ牛ヌメのハギレ使ってますが、最終的には全部牛で作ります

うーん、平面ではOKかと思っても実際組み立ててみるとイメージが全然違いますね
頭ン中にある完成図とかなりかけ離れてバランスがおかしいくて不格好なんで、こっから更に修正を加えてサンプルの写真と脳内の完成イメージに近づけて行きます

■オーダーメイド・カスタム制作

1からのオーダーメイド制作や、ハンドメイドマーケットなどに出品中の既存アイテムのカスタム制作が可能です。
下記ページにまとめてありますので、お気軽にご相談下さい。

オーダー制作ページヘ

■イベント出展情報

たまにイベントにも出展しています。
イベント出展スケジュールは下記をご参照下さい。

イベント情報ページヘ

■お問い合わせに関して

使える色や素材・質問などはお気軽にお問い合わせください。
ヘビ、ワニ、オーストリッチを始めエキゾチックレザーなども多くあります。

お問い合わせはこちら

各種アカウント

Facebookページ
https://www.facebook.com/kabochaheads/
Twitter
https://twitter.com/kabocha_heads
instagram
kabocha_heads

よかったら押してってください~
$かぼちゃへっずのブログ-ブログ村バナー $かぼちゃへっずのブログ-人気ブログランキングバナー
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...Loading...
2017/07/17

コメントをどうぞ

検索
オーダーメイド・カスタム

1からのオーダーメイド制作・既存アイテムのカスタム制作は概要をまとめてありますので、ご参照の上ご相談下さい。

イベント出展情報

参加・出展予定イベントの情報です。 随時更新してます!

出品・委託情報

ハンドメイドサイトへの出品情報や、店舗の委託・展示などの情報です。

人気記事
カテゴリー一覧

コラム

レザークラフト虎の巻

道具 []

素材 []

消しゴムはんこ

その他

アーカイブ