柿渋染めの紳士長財布 その1

こんばんは、レザークラフトかぼちゃへっずです

朝PCつけようとしたらキーボードのエラー?とかで全然PCが起動しない自体に見舞われて、慌ててキーボード他になかったかなーと探した結果本来のキーボードがあったんでそれを接続しました
つっても、PCがDELLのやつなんですがDELLのキーボードって配置が違うんですよねちょっと
スペースが短いから変換する時とかカタカナにする時に使う手が変わったり、ちょっと勝手が違います
ってことでデフォルトでセットでついてきたやつは使わずに、エレコムだかの安いキーボードをつかってたんですが先日ちょっと掃除のときに一度USBから外してから調子が良くない・・・もしや外してはいけなかったのか?と思いますがまぁずっと使ってますしね

さて、今回のお話は柿渋染の紳士長財布です
実はこの型自体はレギュラーで作ってる型じゃないので、型番を振ってないやつなんで制作可能案件のところに入ってないアイテムです
オーダーでは作るけど、今の所まだレギュラーでは作ってないっていうやつです
たまにそういう型があったりします

柿渋染の紳士長財布1
まず必要な土台として内側から作っていくんですが、ちょっと特殊なパーツが入る事もあって中身はできるだけ軽くってことで豚革を使用してます
豚ヌメってやつですね
略してピ革です
そんな略し方聞いたことないですが

柿渋染の紳士長財布2
黒く染めたピ革にちゃんとオイルを浸透させておきます
染めっぱなしで仕上げ剤でも別にいいっちゃいいんですが、どちらかというとオイルを浸透させておいたほうが黒とか色が濃い系は発色がよくなったり色が落ち着いたりする気がします
特に黒はオイルを浸透させることで色が馴染んで行く感じです

柿渋染の紳士長財布3
で、乾燥したら今度は仕上剤を塗ります
色止め剤+トップコートでもいいですし、両方兼ねてるレザーフィックスなんかでもいいです
マットタイプじゃないので、今回はツヤ加工です
ちなみに、マットにする場合は最初からつや消しのものを塗る方法と、下地を塗ってからつや消しを塗る方法があるみたいです

ピ革なので毛穴がしっかりとした存在感です
豚系の特徴ですね

柿渋染の紳士長財布4
外側はこいつ
牛革の柿渋染めです
樹皮っぽくなるように染めるので、染めるのに5段階くらい段階を踏んだりします
塗り重ねて行くことで段々ムラが出て、次第に大きくなってちょうど樹の皮のような模様が形成されます
塗って日光に当てて塗って日光に当ててを繰り返して何度か塗ったら最終的にこんな感じになります
最初は頑固ですが、使っていくうちに馴染んできます
さらに防腐効果と防水効果も兼ねてる優れものの染料です

■オーダーメイド・カスタム制作

1からのオーダーメイド制作や、ハンドメイドマーケットなどに出品中の既存アイテムのカスタム制作が可能です。
下記ページにまとめてありますので、お気軽にご相談下さい。

オーダー制作ページヘ

■イベント出展情報

たまにイベントにも出展しています。
イベント出展スケジュールは下記をご参照下さい。

イベント情報ページヘ

■お問い合わせに関して

使える色や素材・質問などはお気軽にお問い合わせください。
ヘビ、ワニ、オーストリッチを始めエキゾチックレザーなども多くあります。

お問い合わせはこちら

各種アカウント

Facebookページ
https://www.facebook.com/kabochaheads/
Twitter
https://twitter.com/kabocha_heads
instagram
kabocha_heads

よかったら押してってください~
$かぼちゃへっずのブログ-ブログ村バナー $かぼちゃへっずのブログ-人気ブログランキングバナー
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...Loading...
2020/05/23

コメントをどうぞ

検索
LINE@あります

オーダーの相談やお問い合わせに便利なLINE@です。
お気軽にご登録下さい。
新着素材情報なども配信します。

オーダーメイド・カスタム

1からのオーダーメイド制作・既存アイテムのカスタム制作は概要をまとめてありますので、ご参照の上ご相談下さい。

イベント出展情報

参加・出展予定イベントの情報です。 随時更新してます!

出品・委託情報

ハンドメイドサイトへの出品情報や、店舗の委託・展示などの情報です。

人気記事
カテゴリー一覧

コラム

レザークラフト虎の巻

道具 []

素材 []

消しゴムはんこ

その他

アーカイブ