色、素材一覧

制作するものによって大きさや幅などが取れないもの、素材として不向きなものなどもあります
また、制作するものや使用する大きさ・部位により使えない部分もあります
ヘビ革などの細い革は数本繋いでの制作になります
ご希望のものがある場合は、仕入れる事も可能ですのでお気軽にご相談下さい

染色可能な色
★使用可能な素材など
爬虫類革
魚革
鳥革
その他

→ お問い合わせ ←

染色可能な色

光の加減やモニターなどで実物とは色の見え方が違う場合がありますので参考程度ですが
下記のカラーが染色可能です

茶色

鼠色

焦茶

オリーブ
濃いめ、薄め対応可能です

オレンジ

ピンク
濃いめ、薄め対応可能です


薄めにすると色が褪せやすくなります

空色
時間の経過とともに緑化してきます

若草

黄色

染めかた

『ぼかし染め』

『柿渋染め』
柿渋を使って木目調に染めます


爬虫類革

昔から日本の皮革素材としては使われてきたもので、身近なところでヘビやワニなどが有名です。
それ以外では、高級ブランドではトカゲを使っていたり、イグアナやウミガメなども存在します。

ヘビ革

古くから高級感のある鱗と、模様が好まれて様々なものに加工されてきました。
見た目の高級感とは別に、ヘビ革=魔除けや縁起ものという意味合いもあり財布や小銭入れなど常に持つものに加工すると運気が上がるとも言われているため人気のある素材です。

・パイソン系

ヘビの中でも最も大きい部類に入るニシキヘビの革です。現地では食用にされているため皮革も沢山輸入されています。基本的に使われているのはアミメニシキヘビ(ダイヤモンドパイソン)ですが、その他にビルマニシキヘビ(モラレスパイソン)や、その他のニシキヘビが使われることもあります。
幅が取れるのと柄も大きく、古来より縁起物とされているため財布などに使うことが多いです。

一般的なダイヤモンドパイソンです。ナチュラル白のツヤ有りです。

ダイヤモンドパイソンのツヤ無しマット加工です。薄くて柔らかいです。

ダイヤモンドパイソンナチュラルです。

ダイヤモンドパイソンの背中開きのボルドーカラーです。柔らかいです。

パイソンのネイビーカラーです。幅があるので長財布などにも使える大きさです。

モラレスパイソンの茶色です。生前についたスレや傷がそのまま残っています。

小型のモラレスパイソンです。模様がハッキリ小さく出るため財布以下の小物に使えます。

・カロング

原始的なヤスリミズヘビの事で、鱗が一枚一枚になっておらずザラザラとした手触りの革ですが非常に模様が特徴的でハンドバッグや財布、婦人用の手袋なんかに使われています。
現地ではゴルフ用手袋のすべり止めに使っていたりもするそうです。
幅が20cm程度あるものが多いため、ある程度の大きさのものに適しています。

ナチュラルカラーです。鱗は研磨してあるのであまり引っかかりません。

茶色です。かなり肌触りはツルツルのタイプです。

ベージュタイプです。ザラザラがそのまま残っています。

焦げ茶タイプですが、かなりヤスリ状態が残っています。

・その他ヘビ

その他のヘビです。基本ヘビであればいろんな国から輸入されてくるものが多いため皮革素材としては多種多様です
ミズヘビなどは比較的小さいため財布などに使うには数枚繋いで使うことが多いです
この他にも小物に使う様な細めのヘビ革などは多数ありますので、都度ご相談下さい

ミズヘビ(飴色)です。非常に薄い素材です。幅が狭いので繋いで使います。

ミズヘビ(青)です。鮮やかで綺麗な色です。幅は10cm程度です。

エラブウミヘビです。柄が大きいので財布などの小物に使います。

ミズヘビの一種です。こちらも柄が大きいので名刺入れくらいからの大きさに使います。

スジオナメラです。柄がはっきりしています。細いので繋いでから使います。

ラッセルバイパーです。厚みはありますが幅が細いので繋いで使います。

クサリヘビの一種です。細いので繋いで使います。

マングローブスネークです。なかなか出回らない珍しい革です。繋いで財布などに使えます。

コブラ(背開き)です。腹鱗が綺麗な素材です。繋いで財布などに使えます。

・リザード(トカゲ)

古くからトカゲも高級皮革材料として使われて来ました
一般的なミズオオトカゲなどを始め、様々な種類のトカゲ革が存在しますが、有名ブランドでも使われていたり女性モノに多く使われている場合があります
大きさはそこそこの大きさのため長財布やミニバッグなどに使えます
柄有りと無しがありますが、無しのほうが一般的には人気があります
掲載していないカラーもまだありますので、ご希望がある場合はご相談下さい

リザードです。比較的大きいので長財布などに使います。

リザード(赤)です。比較的小さめなため小物に使用します。

リザード(ナチュラル)の柄有りです。大きさも大きく財布などにいい大きさです。

リザード(グレー)です。二つ折り財布程度の大きさです。

リザード柄無しの赤です。時計のベルトや小銭入れなどに使われます。

リザード柄無しのネイビーです。こちらは財布程度が作れる大きさです。

リザード柄なしの青です。鮮やかですが、小物類には最適な大きさです。

・イグアナ

ペットにもなっているグリーンイグアナですが、南米現地では食料として食べられているためそのあまりの革が皮革素材として存在します
めったに見かけることが無い素材のため、レア素材です
イグアナと言われると大きいものを想像しますが、素材としてはそこまで大きいものではなく財布程度が取れるくらいの大きさです

柄有りのキレイな素材です。大きさは財布程度が作れます。

グレータイプの素材です。

・ジャクルシー(カイマントカゲ)

非常に不思議なワニとトカゲの中間のような水棲のトカゲの革です
大きいものはメートルを越えるのでバッグや靴などにも使われています
ワニの背中のようなキールがあり、非常にインパクトがあります

キールを削ってあるタイプです。

キールを残してある加工タイプです。

キール有りの色違いです。

・ワニ

エキゾチックレザーの中では最高級のクロコダイルや、カイマンなどワニ革です
大きさも財布程度のものからバッグ程度のものまで様々ですが大きくなるに連れて革が非常に硬くなり鎧のようになってしまうため刃物を通さず加工すら出来なくなります
そのため、あまり大きいものは出回ることはありません
エイと並び硬い素材のため、加工が難しい点と規制がかかっている点で高級品です

クロコダイル(アイボリー)です。30センチ程度のバッグが作れる大きさです。かなり高額な素材です

クロコダイル(尻尾)です。マットタイプで柔らかいです。2本使って長財布が作れる大きさです。

クロコダイル(尻尾)艶ありです。こちらも同程度のサイズです。

カイマン(尻尾)です。硬い素材ですが名刺入れや二つ折り財布などに使われます。

カイマン(背)です。こちらは背を活かした使い方をしますが名刺入れや二つ折り財布が作れる大きさです。

カイマン(背)です。赤みのある色合いです。サイズはミドル~長財布が取れる程度です。

カイマン(背)です。長財布が真ん中で取れるサイズです。

カイマン(腹)です。マットタイプなので柔らかいです。サイズは長財布程度です。

・ウミガメ

ワシントン条約で規制がされているため、新規で作ることはできないので過去に革としてなめされ輸入されたものなどが流通しています
現在はレア素材のため、高級品です
二つ折り財布程度の大きさであれば、使えるものは存在するためご希望があれば仕入れられるかもしれません

印鑑ケースや小銭入れなどの小物に使えるサイズです。


魚革

一見魚と聞くと意外ですが、身近なところで魚の革は色々と使われて来たりしました。エイやサメ、サケやタイなどが主に革として存在します。

・サメ

通常、ヨシキリザメなどのあまり大きく無い種類のサメを使うようですが、ヒレを取ってしまうため必ず穴が空いています。また、釣り上げる際に銛でついた穴も空いているので綺麗に1枚使うことができず、何枚かを繋いで使用することが多い素材です。

縦方向に切れたような模様が入るのが特徴です。使い込むと艶が出て柔らかくなるいい素材です。

・エイ

エイは古くから使われていて、戦国時代の鎧の胴に使われたり刀の柄に使われたりしていました。とても頑丈な革なので100年持つとも言われるほど丈夫ですがきっと革ではなくてカルシウムの塊のシートなので柔らかいものではありません。
財布などによく使われますが、通常のものと表面を研磨した吟ずりと2種類あります。中心にスターマークと言うものが出るのが特徴ですが吟ズリにはありません。
比較的高い素材でもあります。

吟ズリです。スターマークは目立ちませんが比較的柔らかいです。二つ折り財布が作れるサイズです。

・その他

その他の魚の革です。

シーバスということで販売されていたのでスズキの革みたいですが、マットタイプで紙のような質感です。


鳥革

鳥といえばダチョウなど大型の鳥類がメインですが、時折それとは違う種類の革も出回ったりします。

・オーストリッチ(ダチョウ)

ダチョウは年配の女性などに人気の素材で、クィルマークという鳥肌状のものが敷き詰められている独特の素材です。背中には無いため体の側面に広がっています。
オーストリッチはダチョウの体の革、オーストレッグはダチョウの脚の革です。

オーストリッチです。財布やポーチなどが取れる大きさです。

オーストリッチの色違いです。写真ではわかりませんが若干ボルドー気味のカラーです。

オーストレッグです。茶色のマットタイプで非常に柔らかいです。二つ折り財布が取れる大きさです。

ダチョウの足、オーストレッグの赤です。艶ありのインパクトがある革で財布などに使います。

・その他の素材

その他の革素材です
哺乳類から両生類まで様々な種類の革が存在します
日本ではメジャーではない動物も、原産国では貴重な食糧となっている場合が多いため、その際に出た皮を皮革用に輸出している事があります

・カエル革

お金周りに縁起のいいと言われているカエルですが、カエルの革を使用した小銭入れや財布などを使うと金運が上がるとも言われています。
ウシガエルを使った革と、オオヒキガエルを使った革が存在します。

こげ茶色です。大きさは小さいので何枚か繋いで使います。

青です。

茶色です。

アイボリーです。

・エレファント(ゾウ革)

非常に高価なため、入手が大変ですが時折小さいサイズが出回ったりします。
大きな動物のため、1枚を手に入れることは難しい素材です。

小銭入れなどが作れるサイズです。

・カンガルー

日本からすると意外ですが、現地ではバンバン食べられているのでたまに日本に入ってきます。
体の部分の革と、尻尾部分の革と二種類あります。

茶色タイプです。細いので繋いで使います。

グレータイプです。こちらは皮膚感の模様などがはっきり出ています。二つ折り財布や名刺入れなどが作れます。

・牛毛皮

毛を処理していない牛革です

柄がある毛皮なので小物などに使うと可愛いです

検索
オーダーメイド・カスタム

1からのオーダーメイド制作・既存アイテムのカスタム制作は概要をまとめてありますので、ご参照の上ご相談下さい。

イベント出展情報

参加・出展予定イベントの情報です。 随時更新してます!

出品・委託情報

ハンドメイドサイトへの出品情報や、店舗の委託・展示などの情報です。

人気記事
カテゴリー一覧

コラム

レザークラフト虎の巻

道具 []

素材 []

消しゴムはんこ

その他

アーカイブ