刺繍ベルトの修理

こんばんわ、レザークラフトかぼちゃへっずです

1月も後半に差し掛かって来て、休みボケーっとしてた外の世界もだんだんと日常に戻ってきた感じがします
早いもんでもう2019年の24分の1が終わったわけですし
気がついたら多分1年なんてビュンです
最近、道を歩いていて車止めのポールみたいな突っ立ってる棒に股間を打つことが多々あるので、三戦とコツカケを極めようと思います
かぼちゃへっず改、愚地独歩へっずを目指します

さてさて、前の話ですがベルトの修理をしました
とはいっても、修理だと実際の破損状況などを詳しく見てみないと修理可能かどうかっていう判断が難しいこともあり、身近なところで実際ブツを見れる状況じゃないとあまりやることはないんですが、今回は破損状況が明確だったので修理決行となりました
ァーィ?

ベルトの修理1

破損状況1
貫通するバックル式のベルトだったんですが、金具を引っ掛けてあるところの折返し部分が消耗してしまって、両側がちぎれてしまってる状態です
ベルト表面は刺繍があるんで、その所の修理は出来ないですがバックルに隠れる部分なのでちぎれている部分を補修していく感じです
金具部分もバックルから片方外れてしまって歪んでたので、そこも一度取り外して形の修正が必要です

ベルトの修理2

よくよく見てみると、ベルト裏地に使ってた素材が牛革なので牛革を使うことに
固定金具を取り外してオペ開始してみると、どうやらタンニン系の牛っぽいので牛ヌメで修理ですね
ミシン縫いなので、一点解ければあとはピーっとはずせるようにはなっています
が、破損部分は糸すら残ってない状態で欠損してるので、ここはしっかり補修しないと同じように削れてちぎれてしまいます

ベルトの修理3

なので丁寧にまず先端部分から欠損部分までの糸をすべて取り除く作業をします
この時使うのが人によって違いますが、毛抜きだったりピンセットだったり
うちは鷲口ピンセットを主に使ってます
100円だけどこれはかなり使えるのと、先に力が集中するので力が入りすぎても他のピンセットのように真ん中が押されて先が開くことがありません
地道な作業ですが、革そのものを傷つけないように裏側から抜いていきます

■オーダーメイド・カスタム制作

1からのオーダーメイド制作や、ハンドメイドマーケットなどに出品中の既存アイテムのカスタム制作が可能です。
下記ページにまとめてありますので、お気軽にご相談下さい。

オーダー制作ページヘ

■イベント出展情報

たまにイベントにも出展しています。
イベント出展スケジュールは下記をご参照下さい。

イベント情報ページヘ

■お問い合わせに関して

使える色や素材・質問などはお気軽にお問い合わせください。
ヘビ、ワニ、オーストリッチを始めエキゾチックレザーなども多くあります。

お問い合わせはこちら

各種アカウント

Facebookページ
https://www.facebook.com/kabochaheads/
Twitter
https://twitter.com/kabocha_heads
instagram
kabocha_heads

よかったら押してってください~
$かぼちゃへっずのブログ-ブログ村バナー $かぼちゃへっずのブログ-人気ブログランキングバナー
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...Loading...

カテゴリー:修理・修正

2019/01/18

コメントをどうぞ

検索
LINE@あります

オーダーの相談やお問い合わせに便利なLINE@です。
お気軽にご登録下さい。
新着素材情報なども配信します。

オーダーメイド・カスタム

1からのオーダーメイド制作・既存アイテムのカスタム制作は概要をまとめてありますので、ご参照の上ご相談下さい。

イベント出展情報

参加・出展予定イベントの情報です。 随時更新してます!

出品・委託情報

ハンドメイドサイトへの出品情報や、店舗の委託・展示などの情報です。

人気記事
カテゴリー一覧

コラム

レザークラフト虎の巻

道具 []

素材 []

消しゴムはんこ

その他

アーカイブ