【道具紹介】ニートフットピュアオイル

ニートフットピュアオイルはレザークラフトで使う道具です。

ニートフットピュアオイル

ニートフットピュアオイルは、主にヌメ革のメンテナンスなどで使用するオイルのことで、もともとは牛の脚から取った脂を指すものだったらしいですが、現在は純粋に牛の脚からとれたものとは限らないようです
表面の艶などを出すために使ったり、ひび割れや乾燥などの状態から革を守るために使用したりします
ほかにはミンクオイルなどもありますが、有機溶剤が入ってるミンクオイルなどに比べて純粋に油で構成されているニートフットオイルのほうが革との相性はいいようです
オイル独特の匂いがしますが、革になじんでしまえばあまり気になることもありません

ニートフットピュアオイルの種類

ニートフットピュアオイルに種類は多分ありません、というのもメーカーが違うだけで中身は同じもの・・・だとか聞いたような気がしないでもない(笑
現在は牛の脚から取ってるかはわかりませんが、ニートフットコンパウンドと価格の面でも結構な差があるためこちらを使うのが良いかと思います

ニートフットピュアオイルの使い方

通常はウールピースなどになじませてから、革の表面にまんべんなく塗っていきます
このとき素手でやってると結構なべたべたになるので、ゴム手袋なんかを必ず使用することをお勧めします
早くいい色になるとか、味が出るとかでべたべたに塗ってしまう人もいるようですが、あまり塗りすぎると触った時に脂まみれになったりもするようですので用量は気をつけて使う必要があります
メンテナンスでも使いますが、知人が新しいヌメの財布を買ったんですが、早く色が落ち着いて欲しい、早くいい色になって欲しいとのことから雑誌などで見た「オイルを塗る」を毎日実践していた所、あまりにもオイルまみれになり、押すとオイルが滲んでくるほどになってしまったという話を聞いたことがあります
んなアホな!と思いますが、ファッション系の雑誌とかには塗りすぎ注意とは書いてないので、オイルを塗っていい色にしよう程度にしか書いてないんでしょうね、おそらく
伝える側がちゃんとした知識を知らないのか、敢えて伝えないスタイルなのかは知りませんが

ニートフットピュアオイルの入手方法

レザークラフトの基本の道具に近い部分があるので、革を扱っているお店であれば大抵のお店で取り扱いがあるかと思います
ただ、700円台後半~1000円ちょいくらいと、少しお値段は高い部類の消耗品なので最初にそろえるかどうかは検討次第っていう感じです
これとは別に、動物性由来の脂とほかの脂が混ざってるニートフットコンパウンドオイルというのもあります

■オーダーメイド・カスタム制作

1からのオーダーメイド制作や、ハンドメイドマーケットなどに出品中の既存アイテムのカスタム制作が可能です。
下記ページにまとめてありますので、お気軽にご相談下さい。

オーダー制作ページヘ

■イベント出展情報

たまにイベントにも出展しています。
イベント出展スケジュールは下記をご参照下さい。

イベント情報ページヘ

■お問い合わせに関して

使える色や素材・質問などはお気軽にお問い合わせください。
ヘビ、ワニ、オーストリッチを始めエキゾチックレザーなども多くあります。

お問い合わせはこちら

各種アカウント

Facebookページ
https://www.facebook.com/kabochaheads/
Twitter
https://twitter.com/kabocha_heads
instagram
kabocha_heads

よかったら押してってください~
$かぼちゃへっずのブログ-ブログ村バナー $かぼちゃへっずのブログ-人気ブログランキングバナー
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...Loading...
2016/04/10

コメントをどうぞ

検索
オーダーメイド・カスタム

1からのオーダーメイド制作・既存アイテムのカスタム制作は概要をまとめてありますので、ご参照の上ご相談下さい。

イベント出展情報

参加・出展予定イベントの情報です。 随時更新してます!

出品・委託情報

ハンドメイドサイトへの出品情報や、店舗の委託・展示などの情報です。

人気記事
カテゴリー一覧

コラム

レザークラフト虎の巻

道具 []

素材 []

消しゴムはんこ

その他

アーカイブ