【道具紹介】へり落とし

へり落とし(へりおとし)はレザークラフトで使う道具です。

へり落とし|レザークラフトの道具

へり落としは、レザークラフトで使う道具のひとつです。
ぱっと聞きなれないものかと思いますが、革の角の部分を丸くするためのもので、角を落としてくれます。

へり落としの種類

一言でへり落としといっても実は種類がいくつかあるようで、サイズによって最適な革の厚みが変わってくるようです。
一般的に売られているものはレザークラフトの基本の道具としても挙げられていますが、プロ用の高いものもあるので最初は基本の道具を買うのがいいかと思います。
作るものに合わせて必要ですが1mmの革のへりを落とす必要がある場合は小さいサイズがあるといいです。
また、通常売られているものとは違い、高いツールなどもありますがまずはレザークラフトショップでも手に入るものから使ってみるのも良いと思います。

へり落としの使い方

画像にへり落としが2種類映っているのは刃先のサイズが若干違うために使い分けをしているためです。
へり落としの使い方は、裁断面の角に若干押し付ける形で二股に分かれた刃先の間に角部分を挟み、そのままあまり力をかけず直線に押していくことで角が取れます。

へり落としの使い方

こんな感じでシュルシュルっと使います。
へり落としにもサイズがあるため、サイズの合わないものを使うと革がよじれてしまったりうまく削れなかったりします。
そこで、革の厚みに応じて使うへり落としのサイズを変えたりして対応します。

しかし、上記のとおりレザークラフトをするにあたっては代用が出来ると言えば出来るものなので最初の段階では必ずしも必要という訳ではありませんが。
へり落としを使わずに同様の効果を得るためにはいくつかの方法があります。

・革包丁などでスィーっと削って行く
・カンナなどで角度をつけて削って行く
・サンドスティック、ヤスリなどで均して行く

などの方法がありますが、カンナも必要最低限ではないためヤスリか包丁で削って行くのが現実的かなーと思います。
実はかぼちゃへっずでも最初に購入した道具の中にへり落としはなく、当時は革包丁を斜めにして角を漉く感じで削っていました。

菱目打ちの入手方法

レザークラフトを始めるにあたって、必須ではないですが仕上がりが綺麗になるのは間違いないため買っておいても損はありませんが、上にも書いたように代用できるものもありますので使っていない人も多いです。
基本の道具セットなどの中にも含まれていることが多いので、道具を扱っているお店であれば大抵置いてあります。

かぼちゃへっずオススメのへり落としはこちら



■オーダーメイド・カスタム制作

1からのオーダーメイド制作や、ハンドメイドマーケットなどに出品中の既存アイテムのカスタム制作が可能です。
下記ページにまとめてありますので、お気軽にご相談下さい。

オーダー制作ページヘ

■イベント出展情報

たまにイベントにも出展しています。
イベント出展スケジュールは下記をご参照下さい。

イベント情報ページヘ

■お問い合わせに関して

使える色や素材・質問などはお気軽にお問い合わせください。
ヘビ、ワニ、オーストリッチを始めエキゾチックレザーなども多くあります。

お問い合わせはこちら

各種アカウント

Facebookページ
https://www.facebook.com/kabochaheads/
Twitter
https://twitter.com/kabocha_heads
instagram
kabocha_heads

よかったら押してってください~
$かぼちゃへっずのブログ-ブログ村バナー $かぼちゃへっずのブログ-人気ブログランキングバナー
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...Loading...

カテゴリー:仕上げる, 基本, 道具

2013/09/01

コメントをどうぞ

検索
オーダーメイド・カスタム

1からのオーダーメイド制作・既存アイテムのカスタム制作は概要をまとめてありますので、ご参照の上ご相談下さい。

イベント出展情報

参加・出展予定イベントの情報です。 随時更新してます!

出品・委託情報

ハンドメイドサイトへの出品情報や、店舗の委託・展示などの情報です。

人気記事
カテゴリー一覧

コラム

レザークラフト虎の巻

道具 []

素材 []

消しゴムはんこ

その他

アーカイブ