【道具紹介】菱錐、菱ギリ

菱錐|レザークラフトの道具

菱錐(菱ギリ、ひしぎり)はレザークラフトで使う道具です。

菱錐とはレザークラフトの基本の道具のひとつです。
力が入りやすいように形が作ってある柄を握って垂直に刺すことで革に菱型の穴が開きます。
イメージとしては菱目打ちの1本だけをちょっと改造して握りやすくした。っていうイメージです。
時には斜めにさす事もありますが、最終的には万能な道具になってくるので持ってて損はないです。

ちなみに使用頻度としてはとても高く、
・糸をほぐすとき
・菱目打ちが使えないとき
・斜めに穴を空けるとき
・ゴム板に刺してピンの代わりに

などなど各所にわたって必要です。
特に大きいものを作る時は両手に針を持ちながら聞き手に菱ギリというスタイルにもなってきます。

菱錐の種類

画像を見ると1という数字が入っていますが、菱ギリの太さのことのようです。
1~3まであって菱目打ちと同様に刃先の幅が若干違います。
また、メーカーによっても違うため、使い勝手もかなり違いますが菱型の穴を空けるには必須です。
比較的安価に買えるものは、刃が取り外しできないものになってますが、ちょっと高いものはグリップと刃が別売りになってるため刃だけ買っておくことができます。

菱錐の使い方

使い方は単純、ただ握ってまっすぐ垂直に革に立ててぶすっとそのまままっすぐ突き刺すだけです。
しかしその単純な使い方にも落とし穴があり、厚みのある革に刺すときはまっすぐにならないと裏側で穴の位置がずれてしまい見た目的にガタガタにもなってしまいます。
刃先が鋭利なんで、菱ギリを菱目打ちのように立ててコンコンと叩くと面白いように革に穴があくんですが、目打ちと違って刃の付け根が木でグラグラするのでとても弱いです。
弱いどころか、簡単に折れてしまうため握って使うことを強くおすすめします。
他のレザークラフト用アイテムは代用できるものが沢山あったりするんですが、こればっかりはちょっと代用難しいかな・・・と思います。
まぁ、千枚通しが家にあればそれで穴を空けるのもいいんですが、革って丸穴だと縫いにくいんですよね、結構。

菱錐の入手方法

基本の道具なので、どこでも扱ってますが大体はSEIWAかクラフト社のものなので刃先が少し丸くなったものですので、よりシャープさを求める場合はサンドペーパーなどで刃を強めに付けてから使うとびっくりするくらいサクっと刺せます
そういった意味では、最初から鋭利に研がれているメーカーのものを買うのもオススメです。
基礎の基礎なので、セットにも入ってます。

■オーダーメイド・カスタム制作

1からのオーダーメイド制作や、ハンドメイドマーケットなどに出品中の既存アイテムのカスタム制作が可能です。
下記ページにまとめてありますので、お気軽にご相談下さい。

オーダー制作ページヘ

■イベント出展情報

たまにイベントにも出展しています。
イベント出展スケジュールは下記をご参照下さい。

イベント情報ページヘ

■お問い合わせに関して

使える色や素材・質問などはお気軽にお問い合わせください。
ヘビ、ワニ、オーストリッチを始めエキゾチックレザーなども多くあります。

お問い合わせはこちら

各種アカウント

Facebookページ
https://www.facebook.com/kabochaheads/
Twitter
https://twitter.com/kabocha_heads
instagram
kabocha_heads

よかったら押してってください~
$かぼちゃへっずのブログ-ブログ村バナー $かぼちゃへっずのブログ-人気ブログランキングバナー
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...Loading...

カテゴリー:基本, 穴を開ける, 道具

2013/09/16

コメントをどうぞ

検索
オーダーメイド・カスタム

1からのオーダーメイド制作・既存アイテムのカスタム制作は概要をまとめてありますので、ご参照の上ご相談下さい。

イベント出展情報

参加・出展予定イベントの情報です。 随時更新してます!

出品・委託情報

ハンドメイドサイトへの出品情報や、店舗の委託・展示などの情報です。

人気記事
カテゴリー一覧

コラム

レザークラフト虎の巻

道具 []

素材 []

消しゴムはんこ

その他

アーカイブ