【道具紹介】エスコードラミー

エスコードラミー 麻糸

エスコードラミー(麻糸)はレザークラフトで使う道具です。

エスコードラミーはレザークラフトをやって必需品です。
いわゆる麻の撚り糸で、出回っているレザークラフト用品の糸の中でも数少ない天然素材の糸です。
本来はミシン糸なんですが、手縫いで使う事が多いです。
革の道具屋さんでエスコードとか、エスコードラミーって名前で売ってます。
正直なところ、別にエスコードラミーでなくてもいいんじゃないか・・・とも思ったりしますが太さと質を考えてやはり一番ベストなのかなとも思います。
市販の普通の裁縫用の糸で試しに縫ってみたところ、またたく間にブチブチブチっと切れて使い物にならなかったので、やはりそこはエスコードラミーがいいかと。

いつもは大体ロールのものを一本買って来ますが、少量パックのものも売ってはいます。
普通の糸よりもよりが強く太めの糸なので、そのままでは使えません。
必要量の糸を取ったらまずは蝋引きをして、糸自体をなじませてほつれにくくしてから縫います。

エスコードラミーの種類

エスコードラミーの他にも、ナイロン糸、シニュー糸などレザークラフトのショップへ行くと色々な糸が売っていますが用途に合わせて使っていくのがいいかと思います。
いろんな糸がありますが、適材適所的な部分もあったりするので例えばカバンを作るなら絶対エスコードラミー!とか、いやいや財布なら絶対シニュー!とかそういったものはないんじゃないかなーと思います。
それなりにメリットもデメリットもあるので、何が正解とかじゃないはずです。
ナイロン系の糸と違って、浮かないイメージで馴染みやすいですが長年使うと擦れたり千切れたりはします。

ちなみに、画像だと白と黒ですが結構色のバリエーションもあったりして用途に合わせて使えるようになってます。
が、1ロール買っちゃうとねぇ・・・使いきれないってことになっちゃうので色糸を使う場合はエスコードを家で染色して使ったりするのが一番コストもかからずいいんじゃないかなーと思います。
ミシンの場合はちょっとまた勝手が違うと思うので良くわかりませんが・・・。
カラーも沢山あるので、比較的使う頻度は高いです。

エスコードラミーの使い方

使い方は一般的な糸とほぼ同じですが、革は針を2本使って交差させながら縫っていくので留めが通常の裁縫とは違います。
また、独特の方法として蝋の塊を使ってロウ引きということをしてから使います。
詳しい使い方に関しては「レザークラフト虎の巻」で解説しています。

エスコードラミーの入手方法

レザークラフトを扱っているお店でなくても簡単に手に入る、普通の糸でも問題ありませんが太さなどを考えてこちらを買うのがいいかと思います。
どちらにせよ、最低限針と糸と蜜蝋さえあればレザークラフトのお試し体験は出来ると思うので、基本のアイテムとして認識しておいて問題はないと思います。

エスコードラミーを探す

■オーダーメイド・カスタム制作

1からのオーダーメイド制作や、ハンドメイドマーケットなどに出品中の既存アイテムのカスタム制作が可能です。
下記ページにまとめてありますので、お気軽にご相談下さい。

オーダー制作ページヘ

■イベント出展情報

たまにイベントにも出展しています。
イベント出展スケジュールは下記をご参照下さい。

イベント情報ページヘ

■お問い合わせに関して

使える色や素材・質問などはお気軽にお問い合わせください。
ヘビ、ワニ、オーストリッチを始めエキゾチックレザーなども多くあります。

お問い合わせはこちら

各種アカウント

Facebookページ
https://www.facebook.com/kabochaheads/
Twitter
https://twitter.com/kabocha_heads
instagram
kabocha_heads

よかったら押してってください~
$かぼちゃへっずのブログ-ブログ村バナー $かぼちゃへっずのブログ-人気ブログランキングバナー
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...Loading...

カテゴリー:基本, 縫う, 道具

2013/09/29

コメントをどうぞ

検索
オーダーメイド・カスタム

1からのオーダーメイド制作・既存アイテムのカスタム制作は概要をまとめてありますので、ご参照の上ご相談下さい。

イベント出展情報

参加・出展予定イベントの情報です。 随時更新してます!

出品・委託情報

ハンドメイドサイトへの出品情報や、店舗の委託・展示などの情報です。

人気記事
カテゴリー一覧

コラム

レザークラフト虎の巻

道具 []

素材 []

消しゴムはんこ

その他

アーカイブ