【道具紹介】木工用ボンド

木工用ボンド

木工用ボンドはレザークラフトで使う道具です。

レザークラフトで使用する頻度の高いアイテムといえば、木工用ボンドがあります
いわゆる一般的に知られてる「ボンド」と言われる白いあの粘着質の液体です(笑
一応レザークラフト用に出ているものもありますが(→「【道具紹介】サイビノール」)使い勝手的にはほぼ変わらないので、最初は木工用ボンドで始めるのもいいかなと思います
おそらく知らない人はいないんじゃないかと思うんで、木工用ボンドの詳細は省いてざっくり説明すると・・・
今の時代の最新の教育ではわかりませんが、義務教育の期間内に必ず一度は目にすることになる有名なアイテムです
レア度で言えば確実に★☆☆☆☆程度の、日常その辺に溢れてるやつです
言ったらコンビニとか100均にも売ってるレベルで一般的です
大体小学校の図工で木片貼り付けてなんか作る時に登場します

木工用ボンドの種類

種類あんのかよ!?
と思いますが、いくつかありますね
正式名称は酢酸ビニル樹脂エマルジョン接着剤とかやたら長ったらしい難しいやつなんですが、1番有名なのはコニシの木工用ボンドです
それ以外には、セメダインから出てる木工用っていうのがあります
どっちもほぼ変わらんで、見た目すっぱ臭いヨーグルトみたいなあれです
いわゆるメーカーの違いってだけですが、それ以外にも種類があります
それは普通のと、速乾タイプとあります
かぼちゃへっずでは、主に速乾タイプを使うことが多いです

木工用ボンドの使い方

レザークラフトで使う場合には、基本的には通常の接着剤と変わらず接着面を荒らして塗ってくっつけるという3段階を踏むだけです
なんですが、ちょっと容易にやっちゃうと後で大変なのがかなりうすーく塗らないとボンド層ができちゃって微妙です
なんで結構薄めに塗らないとだし、薄くしすぎると今度は乾くのが早すぎて困る
広範囲とかの時は特にそうですね乾いちゃ困るぜって時は事前に接着面に霧吹いておいたりしておいて乾燥を遅らせるってことも可能です
通常のと速乾と両方ある場合は広範囲のところは通常ので、ヘリに使う場合は速乾と使い分けるのが良いかもしれません
ちなみに、ゴム系接着剤と違うのは乾くと硬くなるんで硬さを出す場合には使えますが、水に強くないんで水気を吸ってふよふよになっちゃうと困る場所にはあまり向きません

木工用ボンドの入手方法

その辺のお店でも大体は置いてある有名なアイテムですが、ネットでも簡単に入手出来ます

■オーダーメイド・カスタム制作

1からのオーダーメイド制作や、ハンドメイドマーケットなどに出品中の既存アイテムのカスタム制作が可能です。
下記ページにまとめてありますので、お気軽にご相談下さい。

オーダー制作ページヘ

■イベント出展情報

たまにイベントにも出展しています。
イベント出展スケジュールは下記をご参照下さい。

イベント情報ページヘ

■お問い合わせに関して

使える色や素材・質問などはお気軽にお問い合わせください。
ヘビ、ワニ、オーストリッチを始めエキゾチックレザーなども多くあります。

お問い合わせはこちら

各種アカウント

Facebookページ
https://www.facebook.com/kabochaheads/
Twitter
https://twitter.com/kabocha_heads
instagram
kabocha_heads

よかったら押してってください~
$かぼちゃへっずのブログ-ブログ村バナー $かぼちゃへっずのブログ-人気ブログランキングバナー
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...Loading...

カテゴリー:基本, 接着する, 道具

2018/02/16

コメントをどうぞ

検索
オーダーメイド・カスタム

1からのオーダーメイド制作・既存アイテムのカスタム制作は概要をまとめてありますので、ご参照の上ご相談下さい。

イベント出展情報

参加・出展予定イベントの情報です。 随時更新してます!

出品・委託情報

ハンドメイドサイトへの出品情報や、店舗の委託・展示などの情報です。

人気記事
カテゴリー一覧

コラム

レザークラフト虎の巻

道具 []

素材 []

消しゴムはんこ

その他

アーカイブ