【道具紹介】サイビノール

サイビノール(さいびのーる)はレザークラフトで使う道具です。

サイビノール

サイビノールというのは、ひとくくりでいえばレザークラフト用に売ってる接着材です。
いわゆる色も、匂いも使用感もすべて木工用ボンドと大して変わらないものになっているので、無理して揃えるものでもありません。
接着剤と言えば世間では色んな接着剤がリリースされていて、用途や性質に合わせたものを好き勝手に選ぶ事が出来ます。
ぶっちゃけ一言でいえば何使っていいかわかんなーいって事です要するに。

最初買ったときはクリアタイプのセメダイン系と、ゴムのりを買いました。
が、ゴムのりはものすごい臭いが強く、セメダイン系は色が残ってしまう。
そこで、革屋さんで聞いてみるとみんなサイビノールを使ってるという事で、オススメされたりします。
あとは、本なんかは大人の事情なのか作ってるときにサイビノールが紹介されていることが多いですね。
手で触ったりヘラですくったりした感触でいえば、木工用ボンドより若干ゆるく流動的な感じがします。

サイビノールの種類

材料的にいえば別に普通の木工用ボンドと大して変わらないですよーって事だったけど100と600が存在して粘度が違うという事なので、最初は100から使ってみるのがいいかもしれません。
あまり詳しい事は聞いてませんでしたが、強度も違うみたいでより強力なほうを使うといいかもしれません。
ガッチリと強力に付けるんであれば600をって感じみたいです。

サイビノールの使い方

サイビノールは接着剤なので、通常のボンドと同じように使うんですがひとつイメージと違うのはボンドは片面に塗って接着することが多いかと思いますが、革の接着の場合両面に薄く塗ってから半分乾いた頃にボンド面とボンド面を接着してローラーなどで圧着することでぴったりとくっついて離れないというボンドとほぼ同じ様な使い方です。
レザークラフトを初めて、革の接着がうまくいかない!という人はもしかしたら片面接着になっているかもしれないので、両面で試してみるとうまくくっつくこともあるかもしれません。
ちなみに、広範囲を貼り付ける場合、乾いちゃう!って言う人は、接着面をまずハケかなんかで軽く濡らして置いてからサイビノールを塗ると乾燥速度を遅らせることが出来るので大きいものを作る時などは有効なワザです。

サイビノールの入手方法

レザー系の会社から販売されてますが、レザー専用アイテムってことではなく一般的にサイビノールとして売られているので接着剤としてはコンスタントに使われているのかもしれません。
ただ、入手するとすれば革の道具を取り扱っているお店で聞いてみるか、ネットで探してしまうのが楽かと思います。
本とかを読むと何故か”サイビノールを使う”と書いてありますが、サイビノールじゃないと革はくっつかないんだ!ということはありません。

サイビノールを探す

■オーダーメイド・カスタム制作

1からのオーダーメイド制作や、ハンドメイドマーケットなどに出品中の既存アイテムのカスタム制作が可能です。
下記ページにまとめてありますので、お気軽にご相談下さい。

オーダー制作ページヘ

■イベント出展情報

たまにイベントにも出展しています。
イベント出展スケジュールは下記をご参照下さい。

イベント情報ページヘ

■お問い合わせに関して

使える色や素材・質問などはお気軽にお問い合わせください。
ヘビ、ワニ、オーストリッチを始めエキゾチックレザーなども多くあります。

お問い合わせはこちら

各種アカウント

Facebookページ
https://www.facebook.com/kabochaheads/
Twitter
https://twitter.com/kabocha_heads
instagram
kabocha_heads

よかったら押してってください~
$かぼちゃへっずのブログ-ブログ村バナー $かぼちゃへっずのブログ-人気ブログランキングバナー
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...Loading...

カテゴリー:基本, 接着する, 道具

2013/10/04

コメントをどうぞ

検索
オーダーメイド・カスタム

1からのオーダーメイド制作・既存アイテムのカスタム制作は概要をまとめてありますので、ご参照の上ご相談下さい。

イベント出展情報

参加・出展予定イベントの情報です。 随時更新してます!

出品・委託情報

ハンドメイドサイトへの出品情報や、店舗の委託・展示などの情報です。

人気記事
カテゴリー一覧

コラム

レザークラフト虎の巻

道具 []

素材 []

消しゴムはんこ

その他

アーカイブ