カスタム例

レギュラー制作に加えて、オプションとして追加できるものの一例です
装飾をつけたり、加工をしたりすることが可能な場合があります
素材によっては出来ないもの、不向きなものをあります
掲載例は一例なので、これ以外のものもお気軽にご相談ください

★オプション一例
オーバーレイ
インレイ
リボン
レース
接ぎ縫い
カービング
刺しメッシュ
コンチョ

■オーバーレイ

財布やバッグ、ケースなどのふたの隅の部分などに革で作った別パーツを載せて縫い合わせたりする方法です。
牛革の名刺入れのワンポイントにふた部分の隅にクロコダイルのパーツをオーバーレイなど
ポンチで穴を空けて飾りにすることも多いです
同色同素材のオーバーレイもありますが、全く違い色や素材なども一つのデザインとして人気があります
厚みは出ますが、エキゾチックレザーをインレイしたパーツをオーバーレイすることも可能です

■インレイ

R-HW-002

財布などに使われることが多い、革をくり抜いて空いたスペースに別の革を埋め込んでいく方法です
ピッタリはめ込む象嵌とは違いますが、染めた牛革を使ってエキゾチックレザーをインレイなどが多いです
外側部分の厚みが2mm以上あればカービングなどと合わせてのエキゾチックのインレイも可能です

■リボン

R-PCX-001

オプションとして完全な飾りですが、コンチョの代わりに革で作ったリボンなどを追加してつけることが可能です
女性向けのパスケースやスマホケースなどに小さいリボンを追加することが多いです

■レース

外周を縫う糸の代わりに、革レースを使って編み込みながら縫っていく方法です
単純にかがり縫いのように縫っていく場合と、編み込みながら縫う方法では見た目も時間も大幅に変わります牛レースの場合は染色も可能な場合がありますので、ご相談ください

■接ぎ縫い

パッチワークの様ですが、もともとの破れや革の裁断面などを生かしてつなげて一枚の革として使います
裏を漉いたり、歪みを直す必要もあるため通常よりも時間がかかります
パッチワークよりもワイルドな仕上がりになり、生物由来の傷も同様に縫い合わせたりするため、すべて一点ものになります

■カービング

革の表面に彫刻をします
一般的にはウェスタンなどで有名な唐草模様やお花柄ですが、イラストなどを元にしたフィギュアカービングなどもあります
過去の制作例はこちらのページから
カービング参考ページ

■刺しメッシュ

革に切り込みを入れて、細く切った革を互い違いに差し込んで編んでいく方法です
イントレチャートも同様です
通常の2倍程度革が必要になり、時間もかかります
同素材でシンプルにメッシュにする他、牛革をベースに差し込む革をエキゾチックレザーなどにしてツートンにしたりメッシュ幅を変えて不規則なメッシュにすることも可能です

■コンチョ

様々な種類がありますが、元は飾りボタンです
半球形のものであればたいていコンチョとして使えるため、真鍮や銅、シルバーなど様々な金属製のものから木製や、骨を使ったものまでバラエティに飛んでいます
一般的には世界の古銭を加工したコインコンチョなどが有名です

和柄のカービングに合わせて、日本の古銭コンチョなどが人気です

→ お問い合わせ ←
検索
オーダーメイド・カスタム

1からのオーダーメイド制作・既存アイテムのカスタム制作は概要をまとめてありますので、ご参照の上ご相談下さい。

イベント出展情報

参加・出展予定イベントの情報です。 随時更新してます!

出品・委託情報

ハンドメイドサイトへの出品情報や、店舗の委託・展示などの情報です。

人気記事
カテゴリー一覧

コラム

レザークラフト虎の巻

道具 []

素材 []

消しゴムはんこ

その他

アーカイブ